跳到主要內容區塊

湾生懐かしむ昭和町 台北 旧在住邦人に戸籍謄本贈る

大石さん(旧姓渡邊)の戸籍謄本、左最後に名前が記載されている台湾の日本統治時代、台北市の一角に「昭和町」という街があった。文字通り昭和の初期、当時の台北帝国大教授らが家を建て住んでいた。今は青田街などに名称変更したが、約50棟の日本家屋が今も残り、台北の観光スポットになっている。戦前に昭和町に住んでいた日本人たちが今月、現地を訪れ、地元住民と交流しながら、当時の思い出を語った。地元の大安区公所(区役所)は当時の戸籍謄本を探し出し、約74年ぶりに旧住民たちに贈呈した。 (台北・迫田勝敏、写真も)
 台湾で生まれ育ち、戦後引き揚げた日本人を「湾生(わんせい)」と呼ぶ。戦前の戸籍謄本の贈呈式は一日、区公所近くの大安森林公園で行われ、十一人の湾生が参加した。区長が謄本を手渡した。
 当時の謄本を受け取った中村治彦さん(86)=兵庫県在住=は「そりゃ、うれしいですよ」と感激。父は台北帝大教授で教授官舎に住んでいた。終戦で、手荷物と一人千円だけを持って引き揚げた。謄本は昭和町に住んでいた唯一の「証明」だ。